早起きは三文の得

これは

「早く起きると得をするようないいことがある」

ということです。

どんなことが得になるかはその人次第です。

早く起きて、早めにすべきことをしたり、美しい日の出を見て感動したり、人により何が得だと思うかは違います。

逆に言えば、人によっては、徳を見いだせないこともあるということです。

だから、

誰もが

「早起きは三文の得」

とは言えないのです。

このことわざは習慣として早く起きることで、

「時間に余裕ができ、心の余裕にもつながる。それがよい影響を与える可能性がある。」

ということです。

可能性ですから、それは活かせるかどうかは自分次第です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA